測量Survey

  1. HOME
  2. 測量

ABOUT測量とは?

測量は日常的に利用される地図、または新しい建物や道路を設計・施工するために必要な位置関係のデータ作成を行う業務です。
一般的に測量というと、TS(トータルステーション)を使用した平面的なイメージがありますが、UAV(ドローン)やTLS(地上型レーザースキャナー)を使用した立体的な新しい測量も行われるようになってきました。測量業務は、普段の生活で目に触れる機会は少ないですが、便利な暮らしを支える大切な業務です。

SERVICE FLOW測量の基本的な流れ

受注
打ち合わせ業務内容の確認及び問題点等の打ち合わせを行う
現地踏査現地へ赴き現状の把握及び周囲の状況を確認
机上計画CADで現況の状態から基準点及び作業の流れをチーム全員で話し合う
現地測量現地にて測量機器を用い、地形・地物等を測定し数値地形図データを作成
内業(図面等作成)現地で観測したデータを基に図面を作成
成果品作成上記をまとめて測量報告書(成果簿)を作成
納品

測量の種類

従来の測量

基準点測量

すべての測量の基礎となる基準点を設置する測量です。TS(トータルステーション)やGNSS(衛星測位システム)を使用し、観測を行います。

地形測量

土地の起伏の状況、自然の対象物(地表の河川など)や、人工の対象物(建物など)の
位置や形状を調査し、地形図を作成する測量です。

応用測量

道路、河川、公園等の計画、調査、実施計画、用地取得、管理等に用いられる測量です。
目的に応じて路線測量、河川測量、用地測量、その他の応用測量に分けられます。

最新機材を使用した測量

UAV写真測量

3Dレーザースキャナ測量

UAV(ドローン)やTLS(地上型レーザースキャナー)を使用し、立体的にデータを取得する測量です。
ICT活用工事を始めとして、様々な利用が期待される新しい分野です。

最新機材を使用した測量